ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしにおすすめの3つの間取りを比較!メリットや向いている方とは?

一人暮らしにおすすめの3つの間取りを比較!メリットや向いている方とは?

一人暮らしにおすすめの3つの間取りを比較!メリットや向いている方とは?

賃貸物件を決めるときは家賃や立地に着目しがちですが、ライフスタイルに合った間取りを選ぶことも大切です。
しかし一人暮らし向けの間取りには種類があるため、どれを選ぶべきか迷っている方も多いのではないでしょうか。
この記事では、一人暮らしにおすすめの間取りである「ワンルーム」「1K」「1DK」を比較し、それぞれの特徴やメリットをご紹介します。

一人暮らし向きの間取りを比較!ワンルームの特徴とメリット

ワンルームは、キッチンと居室に仕切りがありません。
1Rとも表記され、平均的な広さは13~20m²、設備はバス・トイレ・洗面台が一緒になっている3点ユニットバスや、1口コンロのキッチンが主流です。
家賃の安さがメリットですが、キッチンのにおいが部屋中に広がったり、玄関から中が見えたりすることがデメリットとして挙げられます。
狭い部屋を広く使えるよう、ロフト付きの物件が多いことも特徴の1つです。
ロフトは、寝室や収納スペースとして利用できます。
ワンルームの賃貸物件に向いているのは、家賃を抑えたい方やあまり料理をしない方などです。
家具や衣服などにキッチンのにおいが付きやすいため、よく料理をする方やにおいに敏感な方には不向きでしょう。

一人暮らし向きの間取りを比較!1Kの特徴とメリット

1Kは、キッチンと居室の間に仕切りがある間取りです。
平均的な広さは18~23m²、1K部分はコンパクトなミニキッチンとなっている物件が多く見られます。
1Kのメリットは、玄関から室内が丸見えになりにくいことや、居室にトイレやお風呂の音が漏れないことなどで、来客時でもプライバシーが守られるでしょう。
デメリットは、ワンルームよりも家賃が高い、キッチンにエアコンの風が届きにくいなどです。
キッチンと寝室を分けたい方や、ワンルームより設備の充実した部屋に住みたい方に向いています。

一人暮らし向きの間取りを比較!1DKの特徴とメリット

1DKは、4.5~8畳未満のダイニングキッチンと居室が1つあり、平均的な広さは28~32m²です。
ゆったりと一人暮らしを楽しみたい方や、収納スペースが多くほしい方に向いています。
ダイニングがあるため料理を運ぶ手間が省け、居室に食べ物のニオイが残らない点がメリットです。
ただしデメリットとして、ダイニングキッチンが居室への通路になっている間取りが多く、大きな家具を置きづらい点が挙げられます。
築年数が古い物件が多いため、広さと家賃の安さの両方をかなえたい方にもおすすめです。

一人暮らし向きの間取りを比較!1DKの特徴とメリット

まとめ

キッチンと居室に仕切りのないワンルームは、家賃の安さが魅力です。
1Kはワンルームより設備が充実しやすく、1DKはゆったりと一人暮らしを楽しめます。
それぞれにメリット・デメリットがあるため、ご自身のライフスタイルや考え方に合った賃貸物件を探してみてください。
住道の不動産ならピタットハウス住道店へがサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


記事一覧   普通借家契約と定期借家契約の違いやメリット・デメリットは?|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約