ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 部屋選びの失敗例とは?物件選びのコツを解説

部屋選びの失敗例とは?物件選びのコツを解説

部屋選びの失敗例とは?物件選びのコツを解説

新生活を始める方にとって、自分にぴったりな部屋を見つけたることは大切ですよね。
自分にあった部屋を見つけるためにも、部屋選びの失敗例を学ぶのが重要となります。
そこで今回は失敗例だけではなく、物件を選ぶ際のコツについても解説しているので、現在部屋選びをしている方はぜひ参考になさってください。

部屋選びの立地での失敗例

立地で部屋選びを失敗してしまう例として、駅から物件まで遠いケースが挙げられます。
徒歩での所要時間は物件情報に記載されていますが、その数値は不動産情報の登記ルールの基づき、1分あたり80m歩いた場合で計算されています。
これはあくまでも概算のため、信号に引っかかる場合や坂道を歩いたときなどは考慮されていません。
また、想像以上に周辺環境が騒がしく、騒音によるストレスを感じる場合もあります。
とくに物件周辺に繁華街があると、比較的騒がしくなりがちです。
さらに、繁華街がなく静かでもスーパーマーケットがなく、日用品や食品などの買い物に不便を感じるケースもあります。
立地で後悔しないためには、事前に物件の周辺環境を実際に歩き、問題なく生活で競うか確認するのが大切です。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

部屋選びの間取りでの失敗例

間取りで部屋選びを失敗してしまう例として、家具が入らないケースが挙げられます。
とくに個性的でサイズや形が一般的ではない家具は、事前に採寸しておかないと部屋に搬入できなくなる可能性があります。
また、家具だけではなく収納の数で後悔する場合もあるでしょう。
間取りの事前チェックでは、つい収納の数を見落としてしまいがちです。
クローゼットをはじめ、収納が充分足りているか確認しなくてはなりません。
さらに日当たりの良し悪しも、物件での暮らしやすさに関わります。
あまりにも日当たりが悪いと洗濯物が乾きにくいことや、カビが生えてしまうことがあるでしょう。
これらの問題は、物件の内見でしっかりチェックすれば防げるでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

部屋選びの設備での失敗例

設備で部屋選びを失敗してしまう例として、コンセントが使いづらいケースが挙げられます。
コンセントがどこにあるのかで、家具をどこに置くかが左右されるためです。
また、キッチンの広さや収納の位置なども、家事のしやすさに関わります。
いざ入居してからキッチンが使いづらいと、毎日の料理が苦痛になってしまうでしょう。
さらにインターネット環境は、必ず確認しなければならないポイントです。
インターネットがついていない物件の場合、自身で契約する必要があり、家賃とは別でインターネット料金が毎月かかってしまうでしょう。
これらの失敗をしないためにも、物件で問題なく暮らせる設備が整っているか、内見の時点で確認しなくてはなりません。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

部屋選びの設備での失敗例

まとめ

部屋選びで失敗してしまうケースは多数あるものの、いずれも事前に物件やその周辺を確認すれば防げる問題です。
とくにコンセントの位置などの室内設備は、内見時に確認することを忘れないようにしましょう。
自分にとって最適な物件を見つけるためにも、焦らずじっくり部屋を探して、楽しい新生活を送りましょう。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件の更新料とは?流れや支払わない場合のリスクを解説   記事一覧   女性の一人暮らしにかかる初期費用は?生活費や貯金についてもご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約