ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 二人暮らし向けのおすすめの間取りは?1LDK・2DK・2LDKで比較

二人暮らし向けのおすすめの間取りは?1LDK・2DK・2LDKで比較

二人暮らし向けのおすすめの間取りは?1LDK・2DK・2LDKで比較

パートナーとの二人暮らしの新生活、同棲生活を始めるとき、部屋の間取りをどうするべきか悩むポイントではないでしょうか。
1LDKなのか2DKなのか、それとも2LDKなのか、自分たちにはどのタイプがあっているのか慎重に決める必要があります。
本記事では部屋のタイプごとで比較してまいりますから、ぜひ参考にしてみてください。

二人暮らし向けのおすすめ間取り「1LDK」の特徴

月々の家賃を抑えたいのであれば、1LDKのお部屋がおすすめです。
1LDKとは、一般的に4.5畳以上8畳未満のダイニングキッチンの他に寝室がもう一部屋あるのを言います。
メリットは、ふたりの時間を多くとれたり、部屋数も少ないため掃除なども楽で快適な同棲生活を送れる可能性があります。
デメリットは部屋数が少ないためお互いの一人時間の確保が難しい点や収納が少ない点があげられるのではないでしょうか。
常に一緒にいても気にならないカップルや、生活リズムが同じようなカップルに向いている間取りです。

二人暮らし向けのおすすめ間取り「2DK」の特徴

2DKは1980年以前に流行った間取りで、古い建物や団地などに多く見られますが、築年数が経過している物件も多いため、比較的賃料も安く借り入れるのが可能です。
一般的に6畳以上10畳未満のダイニングキッチンの他に、寝室と居室があるものを指します。
2DKのメリットは2LDKと比較して予算が抑えられるといった点だけでなく、家具の配置によっては、自身の部屋の確保も可能になる点があげられます。
デメリットは、賃年数が経過している物件が多い点と、家族が増えたと時に手狭に感じる可能性があるといった点ではないでしょうか。
それぞれの部屋の確保をしつつ賃料は抑えたいといったカップルに向いている間取りです。

二人暮らし向けのおすすめ間取り「2LDK」の特徴

二人暮らしの先に結婚も考えている場合は、2LDKがおすすめです。
一般的に10畳以上のリビングダイニングキッチンの他に寝室と居室がある間取りを指します。
メリットは、広いリビングがあるためソファーを置いてくつろぎスペースをつくったり、友人を招いて団らんもできます。
子どもが生まれても手狭に感じにくいといった点もメリットといえるでしょう。
デメリットは比較的、賃料が高いといった点がもっとも言える点ではないでしょうか。
部屋が広くなるため、エアコン代や電気代も割高になるためその辺を念頭に入れておかなくてはいけません。
仕事が在宅ワークだったり、お互いの部屋をしっかりと確保したいカップルに向いている間取りです。

二人暮らし向けのおすすめ間取り「2LDK」の特徴

まとめ

本記事では、二人暮らしをこれからお考えの場合に、どういった間取りが良いのか比較しました。
二人の時間が長くても苦にならないなら、1LDKで比較的安い賃料で節約しながら将来を見据えた生活も可能です。
近々ライフスタイルに変化があるのなら、はじめに2LDKの広いお部屋を検討しても良いのではないでしょうか。
住道の不動産ならピタットハウス住道店へがサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|普通借家契約と定期借家契約の違いやメリット・デメリットは?   記事一覧   引っ越し先が決まったらやることを3つの段階に分けて解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約