ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の初期費用とは?相場や分割払いの可否もご紹介!

賃貸物件の初期費用とは?相場や分割払いの可否もご紹介!

賃貸物件の初期費用とは?相場や分割払いの可否もご紹介!

賃貸物件を契約するためには、毎月支払う家賃以外にもさまざまな初期費用が必要です。
いったいどういったものをいくらぐらい支払えば良いのか、不安になっている方もいらっしゃるのではないでしょうか。
今回は、賃貸物件の契約時に支払う初期費用とは何かわかりやすくご説明し、相場や分割払いの可否についてもご紹介します。

賃貸物件の初期費用とは何かわかりやすくご説明!

賃貸物件の初期費用とは、わかりやすくいうと、敷金や礼金など賃貸借契約を結んだときに支払う費用のことです。
敷金・礼金のほかには、前家賃や仲介手数料、火災保険料などの種類があります。
敷金は退去時の原状回復に使われて余った分は返金されますが、礼金は大家さんに対する謝礼金の意味があり返金はありません。
また、前家賃とは入居する月の家賃の前払いであり、入居したのに家賃が支払われないなどのトラブルを防ぐ目的があります。
そして、仲介手数料は仲介をおこなった不動産会社に支払う費用で、火災保険料は火災や水漏れなどのトラブルに備えて損保会社に支払う保険料です。

賃貸物件の初期費用の相場とは?

まず、敷金の相場は家賃の1か月から2か月分であり、退去時にお部屋がきれいであればそれだけ返金額が多くなります。
一方、礼金は家賃の1か月分が相場ですが、礼金がかからない物件も増えてきました。
前家賃の相場は1か月分であり、契約が2月で3月から入居するのであれば、先に3月分の家賃を支払うことになります。
仲介手数料は家賃の0.5か月分から1か月分を支払うのが一般的であり、火災保険料は単身用物件であれば1万5,000円程度、カップルやファミリー用は2万円程度です。
全部でいくらかかるかは月々の家賃によって変わりますが、フリーレント物件や家具付きの物件を選べば、最低限の金額を支払うだけで済みます。

賃貸物件の初期費用とは分割払いが可能なのか?

賃貸物件の初期費用は家賃の4倍から5倍ほどと高額であるため、一気に支払うのは厳しい方もいらっしゃるでしょう。
そういった場合は、分割払いが可能な不動産会社を探すことをおすすめします。
物件探しのタイミングで、分割払いを希望していることを伝えておくと良いでしょう。
ただし、賃貸物件の初期費用の分割払いは便利な支払い方法ではありますが、注意点もあります。
分割回数が増えれば増えるほど手数料や金利が増えるため、最終的に支払う額が多くなることに十分ご注意ください。
また、使えるクレジットカード会社が指定されている可能性や滞納も注意点として挙げられます。

賃貸物件の初期費用とは何かわかりやすくご説明!

まとめ

賃貸物件の契約時の初期費用とは、敷金・礼金・前家賃のほかに、仲介手数料や火災保険料があります。
敷金や礼金の相場は家賃の1か月分、仲介手数料は家賃の0.5か月から1か月分が一般的です。
不動産会社によっては初期費用の分割払いも可能ですが、金利や手数料が増えることなどに注意しましょう。
住道の不動産ならピタットハウス住道店へがサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|ペットと引っ越しをする際の移動方法とは?引っ越し後の手続きも解説   記事一覧   高校生でも一人暮らしは可能なのか?一人暮らしの問題点などをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約