ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 高校生でも一人暮らしは可能なのか?一人暮らしの問題点などをご紹介

高校生でも一人暮らしは可能なのか?一人暮らしの問題点などをご紹介

高校生でも一人暮らしは可能なのか?一人暮らしの問題点などをご紹介

何らかの事情により、高校生でも一人暮らしをしなければならない場面もあるでしょう。
ただ高校生の場合、未成年であるため親の同意などが必要になってきます。
今回は、高校生でも一人暮らしが可能なのか、一人暮らしの問題点と契約までの流れをご紹介していきます。

高校生でも一人暮らしは可能なのか

高校生でも親の同意があれば、一人暮らしは可能です。
賃貸契約のときに親と同伴できたり、親の同意書が用意できたりすれば高校生でも一人暮らし用の部屋を借りられます。
2022年4月1日から民法改正により、18歳未満が未成年となりましたが、18歳になった高校3年生でも親の同意が必要となるケースがほとんどです。
入居審査では本人の収入を見ますが、高校生では家賃が払えるだけの十分な収入を見込めない場合は親を連帯保証人へすれば、審査がとおりやすくなるでしょう。
ただ、公立高校の場合、一人暮らしは難しいです。
公立高校は「保護者と同じ住所に本人も住んでいる」のが入学条件となっています。

高校生の一人暮らしの問題点

問題点は、まず親からの許可です。
高校生は未成年であるため、親の許可がなければ、賃貸物件の契約ができません。
賃貸借契約自体が法律に基づいた契約であるため、未成年の高校生が自分のみで契約はできず、親の同意書か親が代理で契約をする必要があります。
次に、生活費です。
学校で平日の日中は勉強をして、放課後や土日などの休みのときにバイトをして生活費を稼ぐ必要があります。
ただ、これらは容易ではなく勉強とバイトの両立は厳しいです。
最後に、トラブルです。
高校生は社会の知識が少ない分、知らない間に危ない道に進みトラブルになってしまうケースもあります。

高校生で一人暮らしをするときの契約までの流れ

流れは、まず親からの許可を得ましょう。
高校生はバイトしか働けず収入面が不安定となり、支払い能力も欠けるため本人は契約せず、親が代わりに契約者となって契約するケースが多いです。
次に、出費を計算しておきましょう。
1か月にかかる生活費がいくらになるかを事前に計算しておき、親からの仕送りとバイト代でどの程度まかなえるかを確認します。
最後に、予算です。
高校生の場合は払える家賃が限られるため、予算のなかで気に入る部屋を探すのは難しいです。
条件を少し減らして、最低限の条件のみで探してみましょう。

高校生でも一人暮らしは可能なのか

まとめ

今回は、高校生でも一人暮らしが可能なのか、一人暮らしの問題点と契約までの流れをご紹介してきました。
高校生でも一人暮らしは可能ですが、親の同意がなければ一人暮らしは難しいです。
部屋探しの流れは、親の同意と出費の計算、予算のなかに入る家賃の家を探します。
住道の不動産ならピタットハウス住道店へがサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件の初期費用とは?相場や分割払いの可否もご紹介!   記事一覧   手取り10万円の方の平均年収とは?一人暮らしの家賃などをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約