ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > ペットと引っ越しをする際の移動方法とは?引っ越し後の手続きも解説

ペットと引っ越しをする際の移動方法とは?引っ越し後の手続きも解説

ペットと引っ越しをする際の移動方法とは?引っ越し後の手続きも解説

引っ越しを検討しているものの、ペットと一緒だと不安を感じる方も少なくありません。
ペットとの引っ越しにあたって、移動方法や引っ越し後に必要な手続きを理解しておきましょう。
今回はペットと引っ越しをする際の移動方法や、種類別の引っ越し方法、引っ越し後の手続き方法を解説します。
ペットと引っ越しをする方は、ぜひ参考にしてください。

ペットと引っ越しをする際の移動方法とは

ペットと一緒に引っ越しをする際の移動方法としては、まず専門の業者に依頼する方法が挙げられます。
ペット輸送の専門業者であれば、ペットに負担がかかりにくい形で移動してくれるうえに、爬虫類や魚類といった珍しいペットでも運べる設備を有しています。
遠距離の引っ越しでペットの負担を軽減したい場合や、輸送にあたって設備が必要な場合におすすめです。
また、引っ越し業者が対応していれば、ペットの輸送も一緒に頼めます。
引っ越し作業とあわせて依頼できるので、手間がかからず、ペットへの負担もかかりにくいです。
ほかに、移動距離がそれほど長くない場合や、ペットが人見知りの場合には、自分で運ぶのもおすすめです。

ペットの種類別で最適な引っ越し方法をご紹介!

犬や猫の場合には、普段遊んでいるおもちゃやリード、トイレシートなどを用意しておきましょう。
小型犬や猫であれば、ペット用のキャリーバッグなどで振動を軽減してあげるのがおすすめです。
なお、犬はほかの動物よりも平衡感覚がなく、乗り物酔いをしやすいので、移動前に酔い止め薬を飲ませておくのが良いでしょう。
猫は、車の騒音や揺れをストレスに感じやすいため、猫のにおいがついているタオルなどで包んであげると安心します。
また、鳥の場合には、ケージとケージカバーを使って引っ越しをします。
鳥は、車の騒音や人の気配に敏感でストレスを受けやすいので、カバーをかぶせて視界を遮ってあげるのがポイントです。

ペットとの引っ越し後に必要な手続きとは

犬と引っ越した場合、狂犬病予防法に基づき、登録事項変更届を提出しなければなりません。
自治体によって必要書類が異なるので、前もってホームページなどで確認しておきましょう。
また、ワニやヘビといった指定動物との引っ越しでは、動物愛護センターで飼育場所の変更に関する手続きが必要です。
手続きを怠ると、罰則として6か月以下の懲役、または100万円以下の罰金の対象となるので注意しなくてはなりません。

ペットと引っ越しをする際の移動方法とは

まとめ

以上、ペットとの引っ越しについて解説しました。
ペットとの引っ越し方法は、専門の業者や引っ越し業者に頼む、自分で移動するといった方法があります。
なお、引っ越しにあたっては、ペットの種類別の引っ越し方法や引っ越し後の手続きについても把握しておきましょう。
住道の不動産ならピタットハウス住道店へがサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|引っ越し先が決まったらやることを3つの段階に分けて解説   記事一覧   賃貸物件の初期費用とは?相場や分割払いの可否もご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約