ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > ペット可の賃貸物件で爬虫類を飼育する際の確認点や脱走対策を解説!

ペット可の賃貸物件で爬虫類を飼育する際の確認点や脱走対策を解説!

ペット可の賃貸物件で爬虫類を飼育する際の確認点や脱走対策を解説!

近年では、賃貸物件でもペット飼育を認めている物件が増えています。
ペット可の賃貸物件で、爬虫類の飼育を検討している方もいるのではないでしょうか。
今回は、ペット可の賃貸物件で爬虫類を飼育する際に確認するポイントや脱走対策について解説します。
賃貸物件でペットを飼いたいとお考えの方は、ぜひ参考にしてください。

ペット可賃貸物件での爬虫類飼育時は法律に抵触しないかを確認!

日本においては、ペット可の賃貸物件であっても、自由に爬虫類を飼育できるわけではないことにご注意ください。
飼育を検討している爬虫類が動物愛護管理法上の特定動物に該当する場合には、飼育前に都道府県知事などの許可が必要になります。
特定動物に指定されるのは、おもに人の生命・身体または財産に害を与える恐れがある爬虫類です。
たとえば、コモドオオトカゲやアフリカニシキヘビ、オオアナコンダ、コブラ科・クロコダイル科全種などが特定動物にあたります。
特定動物の爬虫類を無許可で飼育・保管すると、法律違反となり罰則を科される可能性もあります。
爬虫類飼育の可否を確認する前に、まずは居住している地域で飼って良い爬虫類なのかを確認しましょう。

ペット可の賃貸物件で爬虫類を飼育する際の確認点

ペット可の賃貸物件とはいえ、おもに想定されているのは犬や猫であるケースがほとんどなので、爬虫類の飼育が可能とは限りません。
そのため、物件を探す際にはペット飼育の可否だけでなく、細かい要件までチェックしておきましょう。
現在住んでいる物件で爬虫類を飼育するつもりであれば、賃貸借契約を見直して、爬虫類の飼育を禁止する旨の記載がないか確認するのが大切です。
なお、契約上で爬虫類の飼育が可能だと確認できても、トラブルを避けるために前もって管理会社や大家さんへ申告しておく必要があります。

ペット可の賃貸物件で爬虫類を飼育する際の脱走対策

爬虫類に限らず、ペットを飼育するうえでは脱走対策が必要です。
脱走の結果、近隣住民に損害を与えてしまうと、損害賠償を請求される可能性もあるのでご注意ください。
基本的な脱走対策としては、しっかりと固定ができるタイプのケージや鍵付きのゲージを用意する方法が挙げられます。
ケージのサイズは、飼育する爬虫類の大きさと運動性を考慮して選びましょう。
また、飼育している部屋の施錠を徹底するのも脱走対策として大切です。
万が一ケージをこじ開けられるなどしてペットが出てきても、部屋を施錠しておけば外に出てしまう危険はありません。

ペット可賃貸物件での爬虫類飼育時は法律に抵触しないかを確認!

まとめ

以上、ペット可の賃貸物件における爬虫類の飼育について解説しました。
爬虫類の飼育にあたっては、管理会社・大家さんの許可だけでなく法律上の許可が必要なケースもあります。
また、爬虫類を飼う際には、鍵付きのケージや部屋の施錠による脱走対策も重要です。
住道の不動産ならピタットハウス住道店へがサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸オフィスの天井高はどれくらいがいい?注意点と選び方をご紹介!   記事一覧   ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約