ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

子どもが大きくなったときの生活を考慮して、引っ越しを検討している子育てファミリーもいるのではないでしょうか。
しかし、どのような点に気を付けて物件探しをすれば良いのかわからない方も多いでしょう。
そこで今回は、賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説します。

賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件①1階

小さいお子さまがいるご家庭が賃貸物件を借りるときは、1階の物件をおすすめします。
その理由は、周辺の住民と騒音トラブルに発展するリスクを防げるためです。
子どもが大きくなって部屋のなかを走り回るようになると、足音が気になって注意せざるを得ない状況になります。
防音シートを敷くなどの対策をしても階下の住民には足音が響きやすく、場合によってはクレームを受けることもあるでしょう。
1階であれば足音を気にする必要がないため、子どもも思いっきり室内で遊べます。
また、近年増加しているベランダからの転落事故の心配もありません。

賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件②和室

和室は多目的室としてさまざまな用途で利用できるため、お子さまがいる家庭にとっては子育てがしやすい環境といえます。
畳は防音性に優れており、子どもの遊び部屋として利用すれば、足音を気にせずにのびのびと遊ばせられます。
畳はクッション性も高い素材であるため、その性能を活用してお昼寝スペースとしても活用可能です。
フローリングに布団を敷くよりも体を痛めずに寝られるので、一緒に子守りをしているご両親もゆっくり体を休められます。

賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件③バス便の物件

バス便の物件とは、家の近くにバス停があり、最寄りの駅までバスで行き来しやすい物件のことです。
バス便物件が子育てファミリーにおすすめである理由は、家賃が安くなることが多いからです。
駅から徒歩10分の物件よりも、駅からバスで10分の物件のほうが家賃が安くなる傾向にあります。
そのため同じ家賃でも、駅の付近に所在する賃貸物件よりゆったりした間取りの物件に住めるでしょう。
ただし、事前に通勤通学に問題がないか時刻表を確認したり、スーパーマーケットの有無など周辺の環境を把握したりすることが大切です。

賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件①1階

まとめ

子育てファミリーにとっておすすめの賃貸物件は、1階に所在する物件、和室がある物件、バス便が便利な物件です。
近隣の住民とトラブルなく穏やかに生活するためにも、上記のポイントを意識してお部屋探しをしてみてください。
住道の不動産ならピタットハウス住道店へがサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!   記事一覧   賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約