ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > ルームシェアにおすすめの間取りは?部屋選びのポイントや注意点を解説!

ルームシェアにおすすめの間取りは?部屋選びのポイントや注意点を解説!

ルームシェアにおすすめの間取りは?部屋選びのポイントや注意点を解説!

一人暮らしより初期費用が安くなるルームシェアですが、どのように物件を選んだら良いのでしょうか。
ライフスタイルに合わせた物件を選ばないと、失敗する可能性が高いため注意が必要です。
そこで今回は、ルームシェアにおすすめの間取りや部屋選びのポイント・注意点をご紹介します。

ルームシェアの部屋選びにおすすめの間取り

ルームシェアとは、賃貸物件で複数の入居者が家賃や光熱費を負担し合いながら暮らすことです。
同居相手は友人や兄弟姉妹・カップルなどが一般的ですが、近年ではインターネット上で同居人を探すケースも増えています。
このようなルームシェアにおすすめな間取りは、2DKや2LDKです。
お互いのプライベート空間を保ちながら適度に交流できるため、ストレスなく生活できるでしょう。
また、空間に余裕を持たせたいなら、3DKの間取りも最適です。
ダイニング・キッチンと繋がる居室がある場合には、扉を開けっぱなしにすると広々としたリビングがつくれます。
一室を収納や趣味の部屋として活用もできるため、あらゆる場面で重宝するでしょう。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

ライフスタイルで決めるルームシェアの部屋選び

部屋選びでプライバシーを重視したい方は、玄関から個室に直行できる間取りや個室の間に共用スペースがある間取りがおすすめです。
このような間取りは必要以上に同居人と顔を合わさないので、お互いの生活を干渉せずに済みます。
同居人と一緒の時間を楽しみたい方やホームパーティをよくする方は、リビングが広い間取りを選ぶと良いでしょう。
個室の出入り口が共用スペースに面していると、顔を合わせる機会が増えてコミュニケーションが深まります。
ライフスタイルで節約を重視している場合は、2Kや2DKなど古い間取りがおすすめです。
トイレと浴槽が一緒のユニットバスや1口コンロのキッチンがある間取りも家賃が安いため、少ない出費で生活できます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

ルームシェアの部屋選びで押さえておきたい注意点

ルームシェアの部屋選びでは、ルームシェア可の物件を探すことが大切です。
2人入居可の物件は親子や夫婦など指すため、基本的に友人同士では借りられません。
さらに、ルームシェアでは連名契約で借りることも注意点です。
代表者を決めて契約することも可能ですが、入居後のトラブルを防ぐためには各自が連帯保証人を用意する必要があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

ルームシェアの部屋選びにおすすめの間取り

まとめ

ルームシェアにおすすめの間取りは、2DKや2LDKです。
プライバシーを確保したい・ホームパーティをよくする・節約を重視したいなどライフスタイルに合わせて間取りを選んでいきましょう。
部屋を借りる際は、ルームシェア可の物件を探すほか、連名契約にすることをおすすめします。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|同棲にベストなタイミングとは?やることや学生の同棲について解説!   記事一覧   駅徒歩10分の賃貸物件は遠い?メリットやデメリットをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約