ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 家賃支払いの便利な方法とは?さまざまな支払い方法についてご紹介

家賃支払いの便利な方法とは?さまざまな支払い方法についてご紹介

家賃支払いの便利な方法とは?さまざまな支払い方法についてご紹介

賃貸物件に住んでいると、毎月の賃料を振り込むのがわずらわしいと感じる方も少なくないでしょう。
近年、賃料の払い方にはさまざまな方法を採用している大家さんも多いので、自分に合う方法を選ぶとわずらわしさから解放されます。
そこでこちらの記事では家賃の支払い方法3種類、銀行振込、自動引き落とし、クレジットカードについてメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

家賃の支払い方法①銀行振込

もともと、家賃を払う方法として多く取り入れられてきた方法が銀行振込で、現在でもこの方法を基本にしている物件は少なくありません。
銀行振込のメリットは決められている銀行を自身も利用している場合は、振込手数料がかからない点です。
一方この方法のデメリットは、決められた銀行を利用していないと振込手数料がかかる点で、振り込む金額によって手数料の額も異なります。
また、わざわざ現金を振り込む作業が必要なので面倒と感じる点、振り込むのを忘れて滞納しやすい点もデメリットです。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

家賃の支払い方法②自動引き落とし

自動引き落としは、指定された銀行口座に、毎月の支払期日に家賃が自動的に引き落とされる方法です。
自動引き落としのメリットは、家賃を口座に振り込む手間が不要な点で、銀行に足を運ばなくても支払いが済むため忙しい方にも向いています。
ただし、自動引き落としにするためには最初に銀行に手続きをしなければならないデメリットがあり、指定の口座が無ければ銀行口座を作る作業も必要です。
また、もうひとつのデメリットとして、賃料引き落としの際に手数料がかかる点が挙げられます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

家賃の支払い方法③クレジットカード

近年増えている家賃の支払い方法がクレジットカードを利用した払い方です。
クレジットカードのメリットは家賃を払うために銀行に足を運ぶ必要がない点で、払い忘れや滞納の心配もいりません。
また、毎月の賃料支払いにカードを使うと、そのつどマイルやポイントがたまるのもうれしいポイントです。
クレジットカードで家賃を払うデメリットは、物件によって利用可能なクレジットカードを決めているところもあり、その場合は新しくカードを作らなければなりません。
また、カードに引き落とされる銀行口座に、残高が不足すると家賃未払いが発生する他、信用情報機関に傷が付く点もデメリットです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

家賃の支払い方法その3クレジットカードのメリット・デメリット

まとめ

家賃の支払い方法には、銀行振込、自動引き落とし、クレジットカードの3つの方法があります。
振込手数料や支払いのための手続き、利用可能なカードの種類など、どの方法にも注意したいデメリットがあります。
自身の生活に合った便利な方法を選びましょう。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件契約にブラックリストは影響する?審査が不安な方の物件探しを解説   記事一覧   賃貸物件の更新料とは?流れや支払わない場合のリスクを解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約