ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > デザイナーズマンションの賃貸物件はおすすめ?家賃やメリットなどを紹介!

デザイナーズマンションの賃貸物件はおすすめ?家賃やメリットなどを紹介!

デザイナーズマンションの賃貸物件はおすすめ?家賃やメリットなどを紹介!

昨今、デザイナーズマンションと呼ばれる賃貸物件が増えています。
おしゃれなイメージのあるデザイナーズマンションですが、具体的にどのような物件を指すのか、一般的な賃貸物件との違いがわからない方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、デザイナーズマンションとは何かにくわえ家賃相場の違い、メリットとデメリットをご紹介します。

賃貸物件で人気のデザイナーズマンションとは?

デザイナーズマンションとは、明確な定義はないものの、一般的に建築家やデザイナーが、強いこだわりやコンセプトで設計した物件を指す場合が多いです。
こだわる部分は物件によって異なり、デザイン性の高い外観や個性的な間取り、内装、設備などさまざまです。
たとえば、コンクリート打ちっぱなしの外壁、ガラスに囲まれたバスルーム、間仕切りのない広いワンルーム間取りなどが挙げられます。
デザイナーズマンションによって力を入れているポイントがあるので、賃貸物件を探す際はデザイン性だけでなく、ライフスタイルや希望条件と合致しているか検討するのが大切です。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

デザイナーズマンションと一般的な賃貸物件の家賃相場の違い

デザイナーズマンションの家賃相場は、同じ地域で同条件の一般的な賃貸物件の家賃より、1~2万円ほど高い傾向にあります。
家賃が高価になる理由は、デザイナーや建築家の設計費や、特殊な設備費や内外装の施工費、資材費などがかかっているためです。
また、都心部はとくにデザイナーズマンションの需要が高く、家賃が高くても契約したい方が多いのも理由です。
一方で、地域で賃貸物件の供給が多く飽和状態にある場合、デザイナーズマンションでも空室ができてしまいます。
その場合、デザイナーズマンションのオーナーも家賃を下げるため、一般的な賃貸物件と同等の家賃で借りられる場合もあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

賃貸のデザイナーズマンションのメリット・デメリット

デザイナーズマンションの大きなメリットは、外観や内装などがおしゃれな点です。
シンプルなデザインの家具がスタイリッシュにまとまり、個性的な家具でも浮かずになじむでしょう。
また、専有部だけでなくエントランスやホール、廊下なども意匠がこらされている物件も多いため、居心地の良さを感じられます。
設備にこだわっている物件が多いのも、デザイナーズマンションのメリットのひとつです。
使い勝手の良い収納やTVつきインターホン、防犯カメラなどが備わっている物件もあるため、忙しい方や家事に効率を求めたい方など、特定の設備を探している方はチェックしてみると良いかもしれません。
デメリットは家賃が割高な点や、生活感よりデザインを優先している場合があるため、暮らしにくさを感じる可能性がある点などが挙げられます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

賃貸物件で人気のデザイナーズマンションとは?

まとめ

デザイナーズマンションとは、デザイナーや建築家がこだわって設計したマンションであり、賃貸物件のなかでも人気が高いです。
外観や内装がおしゃれであったり、設備が充実していたりする一方、家賃は一般的な賃貸物件よりも割高なケースが多く、生活にストレスを感じる可能性があります。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸借契約前の重要事項説明とは?確認すべき点やIT重説について解説!   記事一覧   賃貸の定期借家とは?普通借家の違いや契約更新・再契約の可否も解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約