ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 一人暮らしで契約している賃貸物件で同居をするとばれる?どうなるのか解説

一人暮らしで契約している賃貸物件で同居をするとばれる?どうなるのか解説

一人暮らしで契約している賃貸物件で同居をするとばれる?どうなるのか解説

単身で契約した賃貸物件でも、何かしらの理由で誰かと同居をする可能性があります。
しかし、一人のみの条件があったときに無断で同居をすると、さまざまなトラブルが起こりえます。
そこで今回は、無断同居はなぜやってはいけないのか、ばれるとどうなるのかを解説するので、参考にしてみてください。

賃貸物件での無断同居はなぜやってはいけないのか

無断同居は、同居人を部屋に迎え入れる行為が又貸しに該当するため、避けるべきです。
又貸しは、契約者が許可なく他者に貸す行為を指します。
賃貸物件では、原則として契約者以外の者が住むことは許されません。
第三者と共同生活をしていることが発覚すると、契約解除のリスクがあります。
何らかの理由で第三者と同居する場合は、事前に大家さんから了解を得る必要があります。
これは住人の確認のためでもあります。
騒音トラブルが発生した場合、住人の把握があれば問題の解決が容易になります。
また、単身向けの物件は一人で過ごすことを前提にしています。
単身だと会話がないため、生活音も静かですが、2人になると生活音も大きくなります。
このような理由から、同居を不可にしている物件が多くあります。
さらに、同居人がいると、室内の設備が劣化しやすくなる点にも注意が必要です。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

賃貸物件での無断同居がばれるとどうなるの?

無断で同居すると、退去を求められる可能性があります。
単身者向けの部屋で、無断で同居した場合、即座に退去を求められるわけではなく、まずは大家さんからの警告があります。
警告を無視して無断で同居を続けると、次回の契約更新が断られることがあります。
引っ越しをせず、そのまま現在の部屋で同居を希望する場合は、事前に大家さんに相談しましょう。
同居の意向を伝えておくことで、管理がしやすくなります。
恋人や友人と同居する場合は、ばれる前に話し合いをおこなうことが重要です。
ただし、同居が不可とされている場合は、話し合いをしても断られる可能性があるため、注意が必要です。
一人住まいが条件とされている場合、引っ越しを余儀なくされることがあります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

賃貸物件での無断同居はなぜやってはいけないのか

まとめ

なぜ賃貸物件において無断で同居をしてはいけないのかというと、原則として契約者しか住んではいけないからです。
もし一緒に住んでいるのがばれると、契約更新を断られたり退去を求められたりします。
例外はありますが交渉の余地があるので、もし一緒に住みたい場合は事前に相談してみるのがおすすめです。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件の連帯保証人は変更できる?変えたいケースや注意点をご紹介   記事一覧   学生がアルバイト収入だけで賃貸物件に入居は可能?初期費用の目安もご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約