ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件のゼロゼロ物件とは?メリットと注意点も解説!

賃貸物件のゼロゼロ物件とは?メリットと注意点も解説!

賃貸物件のゼロゼロ物件とは?メリットと注意点も解説!

賃貸物件への入居にあたって、初期費用が大きな負担となるケースは少なくありません。
できるだけ費用を抑えて入居したいのであれば、ゼロゼロ物件を検討してはいかがでしょうか。
今回は、賃貸物件のゼロゼロ物件とは何か、メリットや注意点も含み解説します。
賃貸物件をお探しの方は、ぜひ参考にしてください。

賃貸物件のゼロゼロ物件とは何か

ゼロゼロ物件とは、入居時にかかる敷金・礼金がゼロ円の賃貸物件を指します。
通常、賃貸物件の入居時には保証金として敷金、謝礼金として礼金を支払い、その総額は家賃の1~2か月分が相場です。
敷金・礼金をあわせると、10万円以上の出費になるケースもあります。
しかし、ゼロゼロ物件であれば敷金・礼金が不要なので、初期費用を抑えられるでしょう。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

賃貸物件のゼロゼロ物件を選ぶメリットとは

ゼロゼロ物件のメリットは、初期費用の負担を軽減できる点です。
賃貸物件へ入居する際には、家具や家電の購入費用や引っ越し費用などもかかります。
ゼロゼロ物件で初期費用を節約できれば、その分を生活の準備費用や引っ越し費用にあてることが可能です。
また、貯金がない場合でも、引っ越しがしやすいメリットもあります。
急な転勤などで引っ越しの資金が十分でない場合でも、ゼロゼロ物件であれば入居しやすいです。
ほかに、ワンランク上の賃貸物件を選べる点も、メリットのひとつです。
初期費用を抑えられるので、より条件の良い物件も視野に入れられます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

賃貸物件のゼロゼロ物件を選ぶ際の注意点とは

ゼロゼロ物件に入居する際には、まず家賃が割高に設定されているケースがある点に注意してください。
敷金・礼金が不要だとしても、家賃に上乗せされているだけの場合もあります。
周辺の賃貸物件と比較して、家賃相場がかけ離れていないかを確認しましょう。
また、入居条件が設けられているケースがあるのも注意点です。
なかには、短期間での退去に対して違約金を請求される場合や、指定の保証会社への加入を求められる場合もあります。
契約書を交わす前に、特約事項まで目を通して、納得したうえで入居するのが大切です。
ほかには、解約予告期間にも注意が必要です。
一般的な賃貸物件では、解約予告期間を1か月としている物件が多いですが、ゼロゼロ物件では2か月としている物件も多くあります。
住み替えのタイミングで二重家賃が発生する可能性もあるので、契約時に確認しておくと良いでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

賃貸物件のゼロゼロ物件とは何か

まとめ

ゼロゼロ物件とは、敷金・礼金がかからない賃貸物件です。
初期費用を抑えられるので、貯金が少なくても引っ越しやすい、物件のグレードを上げられるなどのメリットがあります。
ただし、家賃が高めに設定されていたり、入居条件が設けられていたりするケースがあるのが注意点です。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|大学生一人暮らしにおすすめの間取りとは?ワンルーム・1K・1DKを解説   記事一覧   同棲にベストなタイミングとは?やることや学生の同棲について解説!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約