ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 女性にとって住みやすい街の条件とは?安心できる街選びのポイントをご紹介

女性にとって住みやすい街の条件とは?安心できる街選びのポイントをご紹介

女性にとって住みやすい街の条件とは?安心できる街選びのポイントをご紹介

住まい探しをしている女性のなかには、住みやすい街の条件を知りたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。
女性が住みやすさを実感できるエリアは、子どもや高齢者、男性なども暮らしやすさを感じられる環境です。
この記事では、女性が暮らしやすい条件や、探す際のポイントをお伝えしますので、住まい探しの参考にしてみてください。

女性が住みやすい街で重視したい3つの条件

女性が感じる住みやすさは、居心地がよく、住み続けたいと思える街です。
最寄り駅から自宅までのエリアや、日々の生活に欠かせない買い物環境、休日に出かけたくなるエリアに近いなどが条件になります。
その観点から重視したいのは治安の良さであり、一人暮らしや子どもなど家族の有無には関係ありません。
夜、最寄り駅からの帰り道の照明設備が整っており、一人で歩いても怖くないなどは治安の良さを感じる要因です。
また、犯罪発生率が低い、近くに風俗店や繁華街がないなども忘れてはなりません。
このほか、住みやすいと感じるのは自然災害の発生が少ない点です。
大雨が降るたびに浸水被害が生じる、近くの川が氾濫する危険性が高い地域は、高い建物の上層階にするなど物件選びで対応しましょう。
日々の暮らしで重視したいのが買い物環境です。
食料品を購入できる店が近くにある場合、帰宅時間に営業している、好みの商品が充実しているなどが住みやすさにつながります。
特徴の異なる店が複数あることも、住みやすい街の条件です。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

女性が住みやすいと感じる街のポイントは?

住みやすいと感じるポイントには個人差があるため、街の雰囲気など、本人の感覚を尊重します。
昼間は賑やかでも、夜間に営業している店が少なく、人通りがまばらな地域は、元気な気分になりにくいです。
公園に散らかったゴミや違法駐車が目立つエリアも、モラルの低い可能性があり注意が必要です。
引っ越し前に、昼夜に歩き、雰囲気を感じ取ることが重要です。
また、買い物環境と同様に、女性が一人で気軽に利用できる飲食店の存在も重要なポイントです。
外食や気分転換を求める時に利用できるお店があると便利です。
平日の帰宅時間や休日の昼など、大手外食チェーン以外にも立ち寄れるお店があると便利です。
住みやすい街が決まったら、物件選びではセキュリティが充実しているか確認します。
不審者の侵入を防ぐには、防犯カメラやオートロック、モニター付きインターホンなどの設備も考慮が必要です。
家賃や立地だけでなく、女性はセキュリティを優先的に考慮しましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

女性が住みやすいと感じる街のポイントは?

まとめ

女性が住みやすいエリアは、買い物環境が充実しており、犯罪発生率の低い地域です。
風俗店や飲み屋から遠く、夜間に一人で歩いても怖くないなど、居心地の良さを感じる点も条件になります。
住みやすい街を決めたあと、自然災害への備えや不審者が侵入するのを防ぐなど自分を守るためには、物件選びで補いましょう。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|古い和室をおしゃれにする方法とは?把握したいメリットとデメリット   記事一覧   賃貸物件で更新を断られたらどうする?そのケースについてと対処法を解説!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約