ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 古い和室をおしゃれにする方法とは?把握したいメリットとデメリット

古い和室をおしゃれにする方法とは?把握したいメリットとデメリット

古い和室をおしゃれにする方法とは?把握したいメリットとデメリット

賃貸物件の古い和室を、おしゃれにリメイクするヒントを探している方もいらっしゃるのではないでしょうか。
和室にはメリットとデメリットがあり、事前に残したい部分と変更すべき箇所を把握しておくと、納得できる部屋作りに役立ちます。
この記事では、賃貸物件の古い和室をおしゃれにリメイクする方法をお伝えしますので、参考にしてみてください。

古い和室のメリットはおしゃれにリメイクするヒント

和室では畳に座って生活するのが基本で、いつでも横になれるなどリラックスできる環境が整っています。
障子や襖には自然素材の木材や和紙が使用されており、これが癒しを感じる要因の一つです。
また、畳表に使用するイグサには調湿効果があり、室内の湿度を適切に保つ効果があります。
居心地の良さに加え、畳が足音を吸収する防音効果も魅力の一つです。
さらに、和室に備わっている押し入れは収納力があり、洋室のクローゼットよりも奥行きがあり、収納力を高めます。
開口部が広く、出し入れが簡単でデッドスペースが生じない引き戸も、部屋を広く有効に使えるポイントです。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

古い和室をおしゃれにするために把握したいデメリット

和室のお手入れは、障子や襖の張り替え、畳替えなどがあり、専門業者を探さなければなりません。
近年の障子紙や襖紙には樹脂が配合され、以前よりも貼り替えが少なくて済むようになりました。
ただし、障子の桟にはほこりがたまりやすく、掃除の方法も煩雑です。
畳も古くなると色が変わるだけでなく、表面のイグサがささくれ立つなど、見た目と触り心地が悪くなります。
液体をこぼすとしみ込み、拭き取れないのはデメリットです。
また、カーテンやベッドなど、現代のライフスタイルを取り入れると違和感が生まれ、おしゃれに見えにくくなる要因があります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

古い和室をおしゃれにリメイクする方法

賃貸物件の古い和室をおしゃれにするには、スタンドライトや間接照明を導入して陰影をつくります。
あらかじめ設置された照明器具をそのまま利用し、分散させた照明器具を効果的に活用するのがポイントです。
家具は、自然素材のラタンや無垢材のチェストなど低いサイズにして、天井までの空間を確保します。
畳に座る生活では、背の高い家具に囲まれると狭く感じることがあります。
さらに、カーテンはわびさびを感じる色や和柄にすると、部屋との調和が生まれます。
カーテンにこだわらず、木や竹、籐などの自然素材でできたブラインドや「すだれ」に取り換える方法も、和風テイストをおしゃれに演出する手段です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

古い和室をおしゃれにリメイクする方法

まとめ

古い和室は、障子や襖、畳などにベッドやカーテンを取り入れており、おしゃれに見えづらくなります。
おしゃれにリメイクしたいときは、スタンドライトや間接照明などで室内に陰影を作るほか、背の低い家具を取り入れるのがおすすめです。
カーテンを自然素材のブラインドにすると、和風テイストに仕上がります。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|手取り13万円で一人暮らしをする際の家賃はいくら?物件の探し方もご紹介   記事一覧   女性にとって住みやすい街の条件とは?安心できる街選びのポイントをご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約