ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 事務所における「クリエイティブオフィス」とは?12の知識創造行動も解説

事務所における「クリエイティブオフィス」とは?12の知識創造行動も解説

事務所における「クリエイティブオフィス」とは?12の知識創造行動も解説

クリエイティブオフィスとは、従業員の創造性を高めるために、オフィス環境や働き方を工夫したものです。
しかし、どのようにしてクリエイティブオフィスを実現できるのでしょうか。
そこで今回は、クリエイティブオフィスを支える12の知識創造行動と、それらを実現する方法について解説します。

クリエイティブオフィスとは

クリエイティブオフィスは、創造性を高めるためにデザインが考えられたオフィスです。
多くの企業が「クリエイティブ産業振興計画」の一環として導入しており、従業員のコミュニケーションやコラボレーションを促進し、新しいアイデアや価値を生み出すことが目的です。
さまざまなタイプがありますが、共通する特徴としては、自由で快適な空間、多様な働き方に対応した設備、企業の個性や文化を反映したデザインが挙げられます。
クリエイティブオフィスは、単に見た目を変えるだけでなく、創造性を高める工夫がなされているかどうかが重要です。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

クリエイティブオフィスのポイントとなる12の知識創造行動

クリエイティブオフィスは「12の知識創造行動」を促し、共同化・表出化・連結化・内面化の4つのプロセスで組織内の知識の共有が進むといわれています。
まず、共同化とは、社員同士が気軽に、かつ偶発的にミュニケーションが生まれる場を作ることです。
共同化を促進するためには、リフレッシュスペースを設けたりオープンな空間を作ったりすることが有効です。
次に、表出化とは、社員が自分の考えや感情を言語化したり、図やイメージにしたりすることです。
表出化を促進するためには、気軽に使えるミーティングスペースを用意するなど、アイデアを発表しやすい環境を整えたりすることが重要です。
また、連結化とは、社員が自分の考えをまとめたり、お互いのアイデアをさらに練り上げることです。
気軽にプレゼンができる設備や、一人で集中できる感ky法の確保が大切です。
最後に、内面化とは、社員が他者から得た知識を自分のものにしたり、実践したりすることです。
内面化を促進するためには、試作品を作りやすい環境など、アウトプットの場を準備しましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

クリエイティブオフィスの実現方法

実現させるにはまず、効果的な空間設計が重要です。
コミュニケーションやコラボレーションを促進するために、オープンなワークスペースやカフェ風の休憩エリア、多目的な会議室を導入し、従業員同士の交流やアイデア共有を促進します。
ICTツールを活用し、従業員同士の交流を促進します。
社内SNSやチャットルールの導入も検討しましょう。
モバイルデバイスの導入やクラウドサービス、ビデオ会議システムの利用により、従業員は自由な場所で作業し、リモートでも円滑な情報交換や協働作業が可能です。
ただ、レイアウトを変えてツールを導入しただけでクリエイティブオフィスとは言えず、従業員の意識づけもとても重要です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

クリエイティブオフィスとは

まとめ

クリエイティブオフィスとは、社員の知識創造行動を促進するためのオフィス環境のことです。
空間設計を工夫したり、ICTツールの導入で従業員同士のコミュニケーションを促進します。
社員の創造性や生産性を高めるために、クリエイティブオフィスを導入してみてはいかかでしょうか。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件における「ガレージハウス」に住むメリット・デメリットをご紹介!   記事一覧   賃貸物件が決められないときはどうする?仮押さえの可否についてもご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約