ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件における「ガレージハウス」に住むメリット・デメリットをご紹介!

賃貸物件における「ガレージハウス」に住むメリット・デメリットをご紹介!

賃貸物件における「ガレージハウス」に住むメリット・デメリットをご紹介!

ガレージハウスとは、ガレージと住居が一体化した建物のことです。
ガレージハウスが付いている賃貸物件に住むメリットは、車やバイクの収納や趣味のスペースになることです。
とても魅力的ですが注意点もありますので、今回はガレージハウスについて解説します。

ガレージハウスとは

ガレージハウスは、住居と車庫が一体となった住宅スタイルですので、車愛好者にとって理想的な空間が広がります。
車庫が住居の一部となるため、自身の好みでカスタマイズやメンテナンスが可能です。
車庫から直接リビングや寝室にアクセスでき、雨や雪の日も快適に移動できます。
更に、車庫を趣味のスペースとして活用できる柔軟性があります。
欠点は、騒音や臭いの問題が発生する可能性があるので注意しましょう。
車庫が住居の一部となるため、エンジン音や排気ガスが室内に伝わりやすくなります。
特に、隣人との距離が近い場合は、トラブルの原因になる可能性があります。
ガレージハウスは一戸建てなので、家賃は高めになってしまうでしょう。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

ガレージハウスに住むメリット・デメリット

メリットの一つは、趣味の車やバイクを収納でき、ガレージでのメンテナンスや洗車が自宅で可能です。
風雨や紫外線から守ることもできるので、劣化を防ぐことができるのも大きなメリットです。
デメリットとしては、シャッターなどのメンテナンスで費用がかかったり一般の物件よりも高い家賃がかかることがあります。
もう一つのデメリットは、騒音が問題になる可能性があります。
住宅街に位置するため、エンジン音や音楽が近隣に迷惑をかけることが懸念されます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

ガレージハウスを借りるときの注意点

まず、広さに注目。
ガレージハウスは通常広いため、初期費用が高くなる可能性があります。
ガレージのサイズも確認し、自車が収まるか注意が必要です。
次に、設備を確認しましょう。
ガレージは趣味や作業にも使われるため、電気や水道の設備が整っているか確認します。
安全対策も忘れずに。
貴重品や危険物の保管に関する安全対策を確認し、防犯や防火対策にも気を配りましょう。
最後に、周辺環境です。
ガレージハウスの使用で発生する騒音や振動に配慮し、近隣住民とのトラブルを避けるため、道路までの距離や角度、出入りのタイミングを検討します。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

ガレージハウスとは

まとめ

ガレージハウスとは、車を収納できるガレージが併設された住宅のことです。
ガレージハウスに住むメリットは、車やバイクのメンテナンスを自宅でできることや、劣化を防げることがあります。
デメリットは、家賃が高くなりやすいことや、ガレージの管理費用がかかることなどです。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件の洗濯機置き場が室外にある場合のメリット・デメリットを解説!   記事一覧   事務所における「クリエイティブオフィス」とは?12の知識創造行動も解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約