ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件が決められないときはどうする?仮押さえの可否についてもご紹介!

賃貸物件が決められないときはどうする?仮押さえの可否についてもご紹介!

賃貸物件が決められないときはどうする?仮押さえの可否についてもご紹介!

賃貸物件を探す際、お気に入りのお部屋がいくつかあり、なかなか決められないことはありませんか?
仮押さえができるのであれば、他の人に先を越される心配がなくなりますが、仮押さえは可能なのでしょうか。
そこで、本記事では、賃貸物件が決められないときの対処法、仮押さえの可否、賃貸物件が決まらないときの比較方法についてご紹介いたします。

賃貸物件が決められないときどうする?

賃貸物件が決められないとき、まず希望条件を明確にさせましょう。
広さや間取り、立地、設備など重要な条件を整理することで、探しやすくなります。
次に、条件を優先順位に整理し、譲れない点と譲れる点を明確にするのがおすすめです。
すべての条件をクリアする物件はなかなかありませんので、柔軟性を持つことが大切です。
最後に、家賃だけでなく敷金や礼金、仲介手数料、引っ越し費用など、総費用を考慮しましょう。
このように、バランスを取りながら物件を選ぶことで、スムーズな探し方が可能です。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

賃貸物件の仮押さえは可能?

いくつかの賃貸物件で迷いがあり、とりあえずキープしておきたい方も少なくないでしょう。
しかし、残念ながら、ほとんどの賃貸物件は「仮押さえ」ができません。
不動産会社が言う仮押さえは、入居申し込みを指しているため、入居まで自動的に進みます。
また、仮押さえをすると、管理会社やオーナーに迷惑をかけることにもなります。
仮押さえをするということは、お部屋を空室にしておくということですから、管理会社やオーナーは収入が減るリスクを負わなければなりません。
そのため、仮押さえを受け付けてくれる管理会社やオーナーはほとんどいないでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

賃貸物件が決まらないときの比較方法

本章では、賃貸物件が決まらないときの比較方法をご紹介いたします。
まず、費用を比較しましょう。
家賃が同じ物件でも、敷金や礼金などの初期費用が異なる場合があるので注目してみると良いです。
次に、条件を比較しましょう。
家賃の他にも、トイレ・バス別や間取り、エアコンの有無など、希望条件に沿っている物件を選ぶと良いです。
最後に、周辺環境を比較しましょう。
家賃と希望条件を比較しても決められない場合は、周辺環境の充実度を見ると良いです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

賃貸物件が決められないときどうする?

まとめ

賃貸物件が選べない場合、まず希望条件を明確にさせ、条件を優先順位に整理するのがおすすめです。
お気に入りの賃貸物件がある場合も、基本的には仮押さえはできないため注意しましょう。
そして、賃貸物件が決まらないときは、費用や条件、周辺環境を比較すると良いです。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|事務所における「クリエイティブオフィス」とは?12の知識創造行動も解説   記事一覧   賃貸物件を借りる際の流れ!初めての方が押さえておきたいポイントを解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約