ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 食器洗い乾燥機の選び方とは?導入するメリットや注意点を解説!

食器洗い乾燥機の選び方とは?導入するメリットや注意点を解説!

食器洗い乾燥機の選び方とは?導入するメリットや注意点を解説!

食器洗い乾燥機は、自動で食器を洗って乾かしてくれる、家事をする人にとっての強い味方です。
しかし、食器洗い乾燥機には種類やサイズ、設置場所など、さまざまな選択肢があります。
どれを選べば良いのか、迷っている方も多いのではないでしょうか。
そこで今回は、食器洗い乾燥機を導入するメリット・デメリット、種類別の特徴、必要な工事について解説します。

食器洗い乾燥機のメリットとデメリット

食器洗い乾燥機の利点は、手間を省けることです。
忙しい人や家事が苦手な人にとってはとても便利です。
また、水を加熱して、70度ほどお湯を噴射して食器を洗浄してくれますので、手洗いでは落ちにくい油汚れもすっきり落としてくれます。
食器を手洗いする頻度が下がるので、手荒れをしやすい方にとってはうれしいポイントです。
一方、デメリットは設置場所の制限があることです。
水道や排水の設備が必要なため、キッチンにスペースがない場合は設置できないかもしれません。
また、電気代や水道代もかかるので、ランニングコストも考慮する必要があります。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

ビルトイン型と据え置き型の2つの種類がある

食器洗い乾燥機にはビルトイン型と据え置き型の2種類があります。
ビルトイン型はキッチンに組み込むタイプで、見た目がすっきりしていて清潔感があります。
水道や電源の配管を隠すことができるのも特徴です。
容量が大きいものが多いので、大きいお皿やお鍋なども自動で洗浄できます。
一方、収納スペースが狭くなってしまうのはデメリットです。
また、取り付け工事が必要なので、初期費用が高くなりがちです。
据え置き型はカウンターなどに置くタイプで、設置工事不要のタイプが多いので初期費用が安く済むというメリットがあります。
キッチンのスペースは狭くなってしまうことと、ビルトイン型に比べると容量は小さめになってしまうことがデメリットです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

設置するために必要な工事

食器洗い乾燥機を使用するには、電源工事と設置工事が必要です。
電源工事は専用のコンセントを設置するための工事であり、ビルトイン型の場合は、専用の電源を新設する必要がある場合があります。
設置工事は、システムキッチンや収納スペースに、食器洗い乾燥機をきれいに納めるための工事です。
ビルトイン型の場合、電源工事と設置工事を合わせて3~5万円くらいかかることが多いようです。
ただ、工事内容や難易度によって変動するので、事前に見積もりを取得してください。
据え置き型の場合は工事が必要なく、自分で取り付けのできるモデルもあります。
工事が必要な場合は、おおよそ1.5~2.5万円が目安です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

設置するために必要な工事

まとめ

食器洗い乾燥機は、自動で食器を洗って乾かしてくれるので、家事の時短や手荒れの防止といった効果が期待できます。
しかし、導入するには、電気や水道の工事が必要になる場合があり、種類によってはスペースやコストもかかります。
大容量のビルトイン型、工事不要のモデルもある据え置き型の2種類がありますので、設置スペースや予算と相談して、最適なモデルを選んでください。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|家電のリサイクル料金は?目安やリサイクル窓口についてもご紹介!   記事一覧   治安が良い街の見分け方とは?「歩き」と「コンビニ」の観点から解説!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約