ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > シングルマザーは賃貸物件の契約が難しい?入居審査のポイントも解説

シングルマザーは賃貸物件の契約が難しい?入居審査のポイントも解説

シングルマザーは賃貸物件の契約が難しい?入居審査のポイントも解説

シングルマザーとして、賃貸物件を探すのは大変なことです。
審査に通るかどうか、初期費用はどれくらいかかるか、手当や助成金はどれだけ受けられるか、気になることがたくさんあります。
そこで今回は、シングルマザーが賃貸物件に入居する際の審査時のポイントと、初期費用の相場や、受けられる手当や助成金について解説します。

入居審査のポイント

シングルマザーが賃貸物件に入居する際の審査ポイントは、年収や連帯保証人の有無、子供の人数や年齢が重要です。
通常、家賃は手取りの3分の1以下が目安とされていますが、金銭的なゆとりを持てる家賃のお部屋を選びましょう。
連帯保証人がいると審査が通りやすくなりますが、保証人がいない場合は保証会社を利用することも可能です。
子供の人数や年齢も考慮され、小さな子供がいる場合は審査に不利とされています。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

入居する際の初期費用

賃貸物件を契約し、住み始める前にかかる初期費用の相場について紹介します。
敷金と礼金は、家賃の1~2ヶ月分が一般的です。
敷金は、退去時に原状回復費用として一部または全額が差し引かれます。
礼金は、オーナーに対するお礼として支払うお金で、敷金と違って返還されることはありません。
仲介手数料は、不動産会社に依頼した場合に発生し、家賃の0.5~1ヶ月分が目安です。
火災保険料や鍵交換費用などのその他費用も必要で、これらは物件や契約内容によって異なりますが、数万円程度が相場です。
以上の初期費用を合計すると、家賃の4~6ヶ月分くらいになります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

ひとり親世帯が受け取れる公的な手当

シングルマザーの方が賃貸物件の契約をする際には、児童扶養手当や家賃補助などの手当や助成金を受けることができます。
児童扶養手当は、子どもを育てるために必要な費用を補助する国の制度です。
受給できる金額は世帯の所得によって異なりますが、子どもが一人の場合は最大で月額43,070円支給されます。
また、自治体によっては家賃補助制度があり、低所得の世帯に対して家賃の一部を補助する助成金を支給しています。
自治体によって支給条件や金額が異なりますので、お住まいの自治体や、お引越しを検討している自治体の窓口の問い合わせてみましょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

ひとり親世帯が受け取れる公的な手当

まとめ

入居審査では、収入や勤務先、連帯保証人の有無などが重要なポイントとなります。
初期費用は、敷金や礼金、仲介手数料などがかかります。
初期費用の合計は家賃の4~6ヶ月分です。
ひとり親世帯を支援する制度を設けている自治体も多いので、窓口に問い合わせてみましょう。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|治安が良い街の見分け方とは?「歩き」と「コンビニ」の観点から解説!   記事一覧   4人家族におすすめの間取りとは?3つの間取りを比較|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約