ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 4人家族におすすめの間取りとは?3つの間取りを比較

4人家族におすすめの間取りとは?3つの間取りを比較

4人家族におすすめの間取りとは?3つの間取りを比較

住まいを探すときに、間取りは重要なポイントです。
一般的に、4人家族におすすめの間取りは「2LDK」、「3LDK」、「4LDK」のいずれかですが、それぞれに特徴やメリットがあります。
そこで今回は、4人家族におすすめの間取りである「2LDK」と「3LDK」と「4LDK」の特徴や、向いている家族の特徴について解説します。

4人家族で2LDKに住む場合

4人家族におすすめの間取りである2LDKは、リビング、ダイニング、キッチンが一体化し、2つの寝室があるレイアウトです。
この間取りは、家族のコミュニケーションを促進し、料理しながら家族の様子を見ることができます。
さらに、2つの寝室は別々に配置され、一つを夫婦の寝室に、もう一つを子ども部屋に、といった分け方ができます。
同じ空間を共有して暮らす間取りなので、家族のコミュニケーションを取りやすいことが良いところです。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

4人家族で3LDKに住む場合

3LDKは、リビング・ダイニング・キッチンが一体化し、3つの個室がある間取りで、4人家族におすすめです。
この間取りは、個室を子供部屋や寝室、書斎に使い分けることで、プライバシーを確保しつつ家族団らんの場も広く取れます。
また、一般的な間取りなので、賃貸物件や中古マンションでも見つけやすいです。
3LDKは、子供が2人いる家族や、今は子どもが一人で、将来的に子供を増やしたい家族に向いています。
3LDKであれば、子どもが成長したあとも住み続けることができるでしょう。
子どもが大きくなれば、それぞれ個室を用意する必要が出てきます。
そういった場合、3つある寝室の2つを子ども部屋に充てて、あと一つを夫婦の寝室とすることができます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

4人家族で4LDKに住む場合

4LDKは、4つの寝室と広々としたリビング、ダイニング、キッチンを備えた間取りです。
4人家族におすすめの理由は、子どもが2人いてもそれぞれに自分の部屋を与えられ、プライバシーを尊重しつつ自立心や集中力を育むことができるからです。
また、広いリビングやダイニングは家族全員が集まってくつろげるスペースとなり、家族のコミュニケーションを深めることができます。
キッチンも使いやすい対面式やアイランド式が多く、料理をしながら家族と会話を楽しむことができます。
4LDKの間取りは、子供が2人以上いる家族や将来的に子供を増やしたい家族に最適です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

4人家族で4LDKに住む場合

まとめ

「2LDK」と「3LDK」と「4LDK」は、それぞれ4人家族におすすめの間取りです。
「2LDK」は、子どもが小さいうちは十分な広さで、家賃や光熱費も抑えられます。
「3LDK」は、子どもが成長しても、それぞれに個室を用意できます。
「4LDK」は、子どもだけでなく夫婦それぞれの個室を割り当てることもできます。
また、趣味や仕事専用の部屋を確保する余裕もある、理想的な間取りです。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|シングルマザーは賃貸物件の契約が難しい?入居審査のポイントも解説   記事一覧   新婚で住む賃貸物件の家賃の目安はいくら?抑えるコツや注意点を解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約