ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件で角部屋を選ぶとどうなる?メリットとデメリットをご紹介!

賃貸物件で角部屋を選ぶとどうなる?メリットとデメリットをご紹介!

賃貸物件で角部屋を選ぶとどうなる?メリットとデメリットをご紹介!

集合住宅タイプの賃貸物件では一般的に角部屋が人気ですが、角部屋を希望する理由はさまざまです。
住まい選びは簡単にやり直せないため、部屋の特徴は入居前に一度確認することをおすすめします。
そこで今回は、賃貸物件の角部屋のメリットとデメリットをそれぞれご紹介します。

賃貸物件の角部屋のメリット

賃貸物件で角部屋を選ぶと、騒音に悩まされにくくなります。
マンションやアパートなどに住むと、通常は両隣に隣人がおり、どちらからも多少の生活音や話声が聞こえるものです。
しかし角部屋は片方にしか隣人がいないため、通常の部屋よりも周囲の生活音や話声が少なくて快適です。
また、角部屋は部屋の奥にくわえ、隣人がいない方向にも窓がよく設けられています。
2方向に窓があるおかげで日当たりが良く、室内が明るくて照明をあまり使わずに済むほか、冬場には室内が暖かくなります。
ただし、日当たりの良し悪しは部屋の方角や周囲の建物によっても変わる点には注意が必要です。
このほか、2方向にある窓をどちらも開ければ風通しが良くなるため、室内に湿気があまり溜まりません。
室内にカビが生えにくくなるほか、部屋干しした洗濯物も乾きやすくなります。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

賃貸物件の角部屋のデメリット

賃貸物件で角部屋を選んだときのデメリットは、まず家賃が高い傾向にあることです。
通常よりも家賃が上がるのは、2方向に窓があって日当たりが良いなど、通常の部屋にはない特徴があるからです。
家賃がどれだけ高くなるかは物件次第ですが、数千円~1万円程度は上がることが多く、家計への負担は重くなります。
また、窓は壁よりも断熱性能が低いため、2方向に窓がある角部屋では外気の影響が強まります。
それだけ冷暖房の必要性が高まり、夏場や冬場には光熱費がかさむことが多いです。
あわせて、暖房を入れる冬場には窓が結露するものであり、放置していると付近にカビや錆が発生するため、水滴をこまめに拭き取るなどの手入れが欠かせません。
2方向に窓がある角部屋では、結露を拭き取る手間も通常の2倍かかり、ストレスにつながる場合があります。
このほか、集合住宅には多くの住戸があるものの、角部屋は少ししかありません。
角部屋に限ると物件数が減るため、部屋の条件にこだわると新居探しに時間がかかります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

賃貸物件の角部屋のデメリット

まとめ

賃貸物件における角部屋のメリットは、片方にしか隣人がいないために室内が静かで快適だったり、2方向に窓があって日当たりや風通しが良かったりすることです。
デメリットとしては、通常の部屋にはない特徴から家賃が高い点や、2方向にある窓の影響で外気の影響を受けやすい点などが挙げられます。
お部屋を決める際には、角部屋のメリットとデメリットを考慮し自身のライフスタイルに合わせて選ぶことが大切です。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件のカウンターキッチンは便利?メリットやデメリットをご紹介   記事一覧   賃貸物件を選ぶなら宅配ボックス付き?メリット・デメリットや種類を解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約