ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件契約にブラックリストは影響する?審査が不安な方の物件探しを解説

賃貸物件契約にブラックリストは影響する?審査が不安な方の物件探しを解説

賃貸物件契約にブラックリストは影響する?審査が不安な方の物件探しを解説

賃貸物件を探しているものの過去の支払い滞納が原因で審査が通らない、希望する物件に住めないのではと不安に思っている方はいませんか。
住まい探しのときに不安がある場合は、物件を借りる際の審査方法について正しい内容を把握するのが大切です。
ここではブラックリストとはなにか、賃貸物件の契約に与える影響や審査に通るか不安な方の物件の探し方についても解説します。

賃貸物件契約に関係ある?ブラックリストとはなにか解説

住宅ローンを借りる際や賃貸物件を契約する際、ブラックリストに名前が載っていると審査に通らないと聞いた経験はありませんか?
ブラックリストとは実際には存在しないもので、正しくは信用情報機関への情報記載を指します。
信用情報機関とはローンやクレジットカードに関する情報、たとえば契約の内容や返済状況、利用状況などが管理されている機関です。
支払いの滞納や債務整理などがあると信用情報機関に事故情報が載せられ、借入やクレジットカード作成ができなくなるため、ブラックリストと呼ばれるようになりました。
事故情報の掲載期間は一定期間で、事故の内容によって異なりますが、永遠に掲載され続けるわけではありません。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

賃貸物件の契約にブラックリストは影響するのか解説

ブラックリストに自身の事故情報が載せられると賃貸物件の契約に少なからず影響します。
物件の入居審査では、毎月の家賃を滞りなく支払い続けられるかが重視されるため、過去に未払いや滞納の事実があった人は審査を通れない可能性があるのです。
また、支払いを定期的にできなかった人物は人柄がルーズ、お金にだらしないと判断する大家さんもいて、その場合も審査に影響を及ぼすでしょう。
基本的にブラックリストに載る人物は、契約を守れなかった事実から社会的な信用がないと見られるので、住まい探しに苦戦する可能性が高いです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

賃貸物件の入居審査が不安な方の物件の探し方

ブラックリストに載ってしまった場合の物件の探し方1つ目は、過去の情報が大家さんに伝わらないように、保証人がいるか、または保証人が不要な物件を選ぶ方法です。
ただし保証会社が必要ない物件はそれほど多くないので希望通りの条件を満たす部屋は少ないでしょう。
また、家賃の支払いをクレジットカード払いにしている物件では、クレジットカードの作成を義務付けているところが少なくありません。
このときカードの審査に通るか否かで判断される可能性が高いので、クレジットカード払いの物件を避けるのが2つ目の探し方です。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

賃貸物件の入居審査が不安な方の物件の探し方

まとめ

ブラックリストとはローンやクレジットカードの事故情報について載せられた信用情報機関の俗称で、実際には存在しません。
事故情報が掲載されると支払いの滞納やルーズな人柄が懸念され、賃貸物件の入居審査に影響を与えます。
そのような状況でも審査に通りやすい物件の探し方を把握し、住まい探しに役立てましょう。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件の退去立会いとは?当日の流れと持ち物についてご紹介   記事一覧   家賃支払いの便利な方法とは?さまざまな支払い方法についてご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約