ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の退去立会いとは?当日の流れと持ち物についてご紹介

賃貸物件の退去立会いとは?当日の流れと持ち物についてご紹介

賃貸物件の退去立会いとは?当日の流れと持ち物についてご紹介

アパート住まいを検討している場合、持ち家にはないさまざまなルールについて知りたいと思っている方もいるでしょう。
アパートを契約する際には、入居時だけでなく明け渡すときにもルールややらなければならない作業がある点を把握しておくと安心です。
こちらでは賃貸物件の退去立会いとはなにか、概要とあわせて立ち会うときの流れと持ち物もご紹介しますのでチェックしてください。

賃貸物件の退去立会いとは?所要時間について

賃貸物件を明け渡す際には退去立会いが必須で、部屋の中を空っぽにして鍵を返せばすべて終了ではありません。
退去立会いとは、部屋を出る際に今まで自分が使ってきた部屋の状態を大家さんとともにチェックする作業を言います。
チェックした結果、借主が原因でできた傷や汚れがあり修繕が必要な場合は、借主が費用負担するため敷金から差し引かれます。
立ち会う作業は室内の荷物を引っ越しで移動してからおこなわれ、所要時間は部屋の広さによって異なりますが一人暮らしの間取りで30~40分ほどが一般的です。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

賃貸物件の退去立会いの流れ

賃貸物件の退去立会いの流れとして、最初に引っ越しで室内にある荷物をすべて搬出し、室内に何もない状態にします。
次に、不動産会社や大家さんなど担当者が部屋を訪れてチェックをおこないますが、このとき借主も一緒に立ち会うため双方が都合の良い日取りを決めておきましょう。
当日は床や壁紙をはじめとして室内の傷や汚れなど破損部分を確認しますが、自身が原因でない場合はきちんと伝えるのが重要です。
最後に、修繕が必要な箇所や自身が負担する金額を確認し、契約書にサインするのが大まかな流れです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

賃貸物件の退去立会い時に必要な持ち物

賃貸物件の退去立会い当日に用意しておくべき持ち物の1つ目は賃貸借契約書です。
賃貸借契約書には、原状回復義務や借主と貸主の費用負担についての取り決めがすべて書かれているので、確認しつつ進めていきましょう。
当日の持ち物2つ目はスペアキーで、部屋を借りるときには鍵を1本ではなくスペアの鍵も渡されるのが一般的です。
立会いが終わった後は室内に入ってはいけないので、このタイミングですべての鍵を返しましょう。
3つ目の持ち物は入居前の部屋の状態を撮った写真で、傷や汚れが入居する前にあった場合は写真を撮影しておき、立会い時に見せれば証拠として役立ちます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

賃貸物件の退去立会い時に必要な持ち物

まとめ

賃貸物件の退去立会いとは、部屋を明け渡すときに大家さんと一緒に室内の状況をチェックする作業です。
室内の荷物が搬出されたあとで確認し、修繕費用など内容を確認して契約書にサインする流れでおこなわれます。
当日は賃貸借契約書、スペアキー、入居前の室内の写真などを持っていきましょう。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件を選ぶなら宅配ボックス付き?メリット・デメリットや種類を解説   記事一覧   賃貸物件契約にブラックリストは影響する?審査が不安な方の物件探しを解説|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約