ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件での一人暮らしにかかる費用は?家賃や生活費の相場を解説

賃貸物件での一人暮らしにかかる費用は?家賃や生活費の相場を解説

賃貸物件での一人暮らしにかかる費用は?家賃や生活費の相場を解説

進学や就職を機に、一人暮らしを始める方は多いと思います。
しかし自身の収入や将来の目標、住むエリアによって生活や家にかけられる金額が異なるため、あらかじめ知っておかないと生活に支障をきたすかもしれません。
本記事では賃貸物件での一人暮らしにかかる費用ついて、家賃や生活費の相場、上手に貯金するコツを解説します。

賃貸物件で一人暮らしをする際の家賃費用の相場

一般的に賃貸物件にかけられる家賃の相場は、手取りの3分の1以内とされています。
そのため、一人暮らしの場合では相場が3〜10万円と幅広いです。
その理由は、一人暮らしをする層は学生や年数の浅い社会人、中堅で独身の社会人などさまざまで、人によって収入が異なるからです。
たとえば手取り18万円の社会人であれば、6万円が相場になります。
また、かけられる金額によって選べるお部屋も変わります。
一般的に一人暮らし向けのお部屋は、1Rや1K、1DKや1LDKです。
収入が少なければ1Rや1K、かつ狭いお部屋にしか住めませんが、収入が多くなれば一人で2DKや2LDKのお部屋も借りられるようになります。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

賃貸物件で一人暮らしをする際の生活費の目安

ここでは手取り17万円、家賃を5万4,000円として、かかる生活費を計算していきます。
まず、生活に欠かせない食費は3万5,000円、光熱費・水道代は1万円です。
次に交通・通信費が2万円、家具・家事用品費が5,000円、被服・履物費が5,000円です。
これらの費用は、月によって多くかかったり、全くかからなかったりします。
ほかには保険医療費が6,000円、教養・娯楽費が1万5,000円、交際費が1万円です。
これらの費用と家賃の合計は16万円で、手元には1万円残ります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

賃貸物件で一人暮らしする際に貯金をするコツ

一人暮らしでお金がなくても、次を意識して生活すれば生活費を抑えられて貯金ができるようになります。
それは、変動費・固定費の見直しです。
変動費とは、文字通り月によって支出額が異なる費用で、食費や交際費、教養・娯楽費や被服・履物費などが当てはまります。
一方で固定費とは、毎月決められた額を支払う費用で、光熱費や通信費などです。
この固定費を減らすと、自動的に月々の支出を抑えられます。
しかし、後から固定費を削減するのはなかなか難しいため、はじめから安い物件やWi-Fi、電力会社やガス会社を選ぶのが大切です。
また変動費は、安い食材を買ったり、掃除や洗濯にコストパフォーマンスが良い重曹やクエン酸などを使いまわしたりすると、節約できます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

賃貸物件で一人暮らしをする際の家賃費用の相場

まとめ

賃貸物件で一人暮らしをする場合、家賃の相場は3〜10万円です。
自身の収入のみで生活する場合、毎月ほとんどが消えるため、手元にはほとんど残りません。
そのなかで上手に貯金するには、変動費と固定費それぞれを見直す必要があります。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸の定期借家とは?普通借家の違いや契約更新・再契約の可否も解説   記事一覧   賃貸物件の初期費用が高すぎる?相場や安く抑えられるコツもご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約