ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の初期費用が高すぎる?相場や安く抑えられるコツもご紹介

賃貸物件の初期費用が高すぎる?相場や安く抑えられるコツもご紹介

賃貸物件の初期費用が高すぎる?相場や安く抑えられるコツもご紹介

賃貸物件を契約する際、初期費用などで予期せぬ出費がかさみ、転居の際は一定の資金が必要です。
初期費用が高すぎると感じて、転居を迷っている方も居るのではないでしょうか。
本記事では、賃貸物件の初期費用の相場や、高すぎると感じた場合に安く抑えられるコツなどを合わせてご紹介します。

賃貸物件の初期費用の相場

賃貸借契約の際、通常の初期費用の相場は、家賃の4〜6か月分です。
初期費用の内訳には、敷金や礼金などが含まれ、これらは入居前に支払う必要があります。
ほかにも、仲介手数料・家賃・火災保険料・鍵の交換代金などが経費に含まれます。
さらに、除菌や消臭などのオプション費用も追加で発生します。
これらの費用の多くは家賃に応じて算出されるため、家賃が高い場合は初期費用も相応に増加します。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

賃貸物件の初期費用が高すぎる場合に安く抑えるコツとは

高すぎると感じた場合、分割払いも検討しましょう。
多くの賃貸物件では「初期費用の分割払い可能」が明示されており、クレジットカードでの支払いにのみ対応しています。
資金が少し不足している場合、提示額の割引が可能なケースも交渉によって出てくるかもしれません。
不動産会社との交渉により、仲介手数料が安くなることもあります。
仲介手数料は法的に上限が設定されていますが、下限については規定がないため、交渉によって割引が可能です。
さらに、礼金は敷金と異なり、交渉によって割引がしやすいです。
たとえば、「即入居」を条件にすれば、入居率の低い賃貸物件では成功する可能性もあります。
交渉が成功しやすいのは引っ越し需要が低い閑散期で、具体的には5〜8月や11〜12月の時期が適しています。
大家さんが空室を抱えている場合、柔軟に対応してくれる可能性が高まります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

賃貸物件の初期費用が高すぎる場合に安く抑えられる物件

フリーレント物件を検討してはいかがでしょうか。
フリーレントとは、入居後一定期間の家賃が免除されるサービスです。
一般的には「FR1か月」と表記され、入居して2週間から1か月ほどの間、家賃が発生しないため、日割りの家賃を支払う必要がありません。
フリーレントの住宅を選べば、現住居と新居の二重家賃の負担を軽減できます。
また、仲介手数料が1か月分以下に設定されていたり、キャッシュバックなどの特別キャンペーンを提供したりしている不動産会社もあります。
さらに、ゼロゼロ物件と呼ばれる敷金と礼金の支払いが不要な賃貸物件も存在します。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

賃貸物件の初期費用の相場

まとめ

少し資金が不足している場合、交渉により仲介手数料や礼金などの割引が可能なケースもあります。
フリーレントの住宅を選べば、入居して2週間から1か月ほどの間、家賃が発生しないため、日割りの家賃を支払う必要がなく、二重家賃の負担を軽減できます。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件での一人暮らしにかかる費用は?家賃や生活費の相場を解説   記事一覧   賃貸物件の連帯保証人は変更できる?変えたいケースや注意点をご紹介|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約