ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 賃貸物件の洗濯機置き場が室外にある場合のメリット・デメリットを解説!

賃貸物件の洗濯機置き場が室外にある場合のメリット・デメリットを解説!

洗濯機置き場が室外にある賃貸の特徴は?メリット・デメリットを解説

多くの方が洗濯機置き場が室外にある賃貸物件に抱くイメージは、古そうやボロボロそうなどネガティブなイメージです。
なかには洗濯機を外に置くことが向いている方もいます。
本記事では洗濯機置き場が室外にある賃貸物件について、メリットやデメリット、住むのに向いている方を解説します。

室外に洗濯機置き場がある賃貸物件のメリット

洗濯機置き場が室外にある物件のメリットは、大きく3つあります。
1つ目は、洗濯機の音が気にならない点です。
洗濯機が室内にある場合、稼働時の音は思っているよりも響きます。
しかし外に設置すると、音が気にならなくなります。
2つ目は、室内を広く使える点です。
同じ専有面積でも、洗濯機を外に置くお部屋のほうが室内に置くのに比べて広くスペースを使えます。
3つ目は、水漏れしてもお部屋が水浸しにならない点です。
洗濯機は排水溝の詰まりなどで、水漏れする場合があります。
室内に洗濯機があって水漏れした場合には、室内が水浸しになる可能性があります。
しかし、洗濯機が外にあると、そのようなリスクの回避が可能です。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

洗濯機置き場が室外にある賃貸物件のデメリット

一方で、洗濯機置き場が室外にある物件にはデメリットもあります。
1つ目は、洗濯機が汚れやすい点です。
洗濯機を外に置いておくと、砂ぼこりや排気ガス、紫外線などを浴びます。
これらを長期間浴び続けると劣化が早く進んだり、故障しやすくなってしまいます。
2つ目は、洗濯のために外へ出なければならない点です。
当然ですが洗濯機が外にあるため、外に出て洗濯物を入れたりスイッチを押したりしなければなりません。
そのため、冬の寒い日や夏の暑い日にも外へ出て洗濯しなければならず、面倒に感じることがあります。
3つ目は、盗難や覗きをされるリスクがある点です。
とくに廊下側に洗濯機がある場合には、他人に洗濯物を見られたり盗まれたりするリスクが高いです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

室外に洗濯機置き場のある賃貸物件が向いている方とは

洗濯機置き場が室外にある賃貸物件は時代遅れのように感じますが、実は住むのに向いている方もいます。
その1つ目は、家賃を抑えたい方です。
このような賃貸物件は、家賃が安い傾向にあります。
家賃はお部屋の立地や広さ、設備などの条件を妥協すると抑えられますが、より抑えたい方やほかの条件を妥協したくない方にはおすすめです。
2つ目は、室内での作業に集中したい方です。
外に洗濯機置き場があると、室内に洗濯機がない分スペースを広く使えたり、音を気にせずに済んだりします。
その結果、作業を広くて静かな空間ででき、集中もできます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

室外に洗濯機置き場がある賃貸物件のメリット

まとめ

洗濯機置き場が室外にあると、室内を広々と使えたり稼働時の音を気にせずに済んだりします。
その一方で洗濯機が砂ぼこりや排気ガス、紫外線などを浴びて劣化が早まるうえに、洗濯物の覗きや盗難のリスクがあります。
このような物件が向いているのは、家賃を抑えたい方や作業に集中したい方です。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件での電気トラブルとは?原因や対処法について解説   記事一覧   賃貸物件における「ガレージハウス」に住むメリット・デメリットをご紹介!|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約