ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 部屋の広さが10畳はどのくらいの広さ?最適なレイアウトもご紹介

部屋の広さが10畳はどのくらいの広さ?最適なレイアウトもご紹介

部屋の広さが10畳はどのくらいの広さ?最適なレイアウトもご紹介

賃貸物件を決めるのに大事な要素として、部屋の広さをしっかり見る方は多いのではないでしょうか?
一人暮らし向け物件の場合、1Kの10畳という構成になっているお部屋が物件情報に載っているのを見る機会が多々あるはずです。
この記事では、10畳とはどのくらいの部屋の広さで、どのようなレイアウトが良いのかもご紹介します。

10畳の部屋の広さはどれくらいなのか

10畳の部屋の広さというのは、当然畳10枚分なのですが、地方によって畳の大きさが異なるという事実があります。
団地間と呼ばれる公団住宅などで使用される畳と、京間という関西でよく使われる畳では、10畳にすると4㎡もの差が出てしまいます。
そこで、不動産公正取引協会では、物件情報として表示する場合には、1畳は1.62㎡以上としています。
こうしたことから、面積で言うと10畳の部屋というのは、最低でも16.2㎡はあるわけです。
これにバスやトイレ、キッチンなどの寝るための部屋の広さとは別の部分が加わりますので、物件全体としては20から30㎡くらいあります。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

一人暮らしに必要な部屋の広さは?

国土交通省では、一人暮らしをするにあたって必要な部屋の広さとして、25㎡という数字を挙げています。
このうち、玄関やキッチン、バス・トイレなどが半分くらいの面積を占めますので、居室としての広さは12、3㎡となります。
畳数に直すと、6畳から8畳というところが多くなります。
そのくらいの部屋の広さがあれば、テレビ台や小さめの机、収納家具、シングルベッドを問題なく置くことができ、通常の生活に支障はありません。
こうなると、10畳の物件というのはさらに広くなるわけですので、多少ゆとりを感じさせるくらいの広さを持っているとも言えるでしょう。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

10畳の部屋のレイアウト

10畳の部屋の広さがあれば、レイアウトも自由度が高くなります。
一人暮らしをする上で、必要性の高い家具としては、収納家具とベッド、デスクがあります。
これに、人によってテレビ台やソファーなどが加わります。
少しでも開放感と明るさを感じるために、ベッドは窓際に置くレイアウトがおすすめです。
その上で、脇にデスクを置き、壁側に収納家具とソファーを配置します。
こうすることで、部屋を行き来するスペースと機能性を両立できるようになります。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

10畳の部屋のレイアウト

まとめ

一人暮らしの方であれば、10畳あれば部屋の広さは十分で、形状にもよりますが多少のゆとりを持つこともできるでしょう。
レイアウトを上手に考えることで、使いやすい部屋の構成にできますし、ゆっくりとくつろげるスペースを作ることも可能です。
キッチンなどの配置も見て、住みやすい部屋を選びたいものです。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|賃貸物件を借りる際の流れ!初めての方が押さえておきたいポイントを解説   記事一覧   SOHO可能な賃貸物件を利用するメリットとは?|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約