ピタットハウス住道店 > 株式会社マツヤマスマイルホームのスタッフブログ記事一覧 > 一戸建て賃貸物件で防音対策は必要?防音効果の高い物件の選び方も解説

一戸建て賃貸物件で防音対策は必要?防音効果の高い物件の選び方も解説

一戸建て賃貸物件で防音対策は必要?防音効果の高い物件の選び方も解説

周りの音が気になると、ストレスがたまってしまいますよね。
また、自分の出す音が周りに聞こえてしまわないか、心配になることもあります。
一戸建てに住んでいても、防音対策は必要なのでしょうか。
今回は、一戸建て賃貸物件で防音対策が必要な場合や、物件選びのポイント、防音対策の方法について解説します。

一戸建て賃貸物件に防音対策は必要なのか?

通常、一戸建ては騒音が少ないと思われがちですが、隣家や道路からの騒音が気になることもあります。
また、自分や家族の生活音が漏れることもあります。
どの程度の音を「騒音」ととらえるかは人によって幅があるので、生活音がトラブルのもとになるかもしれません。
これらの騒音トラブルを防ぐためには、防音対策が必要です。
特に窓やドアは音を伝えやすい場所なので、優先的に対策しましょう。
生活音が周囲に聞こえたり、家族の話し声が外に漏れていたりすると、プライバシーの問題にもなりかねません。

▼この記事も読まれています
ロフト付き賃貸物件のメリット・デメリットを解説!

一戸建て賃貸物件で物件選びをする際の注意点とは?

物件選びで防音効果を重視する際には、まず建物の構造に着目しましょう。
鉄筋コンクリート造は、木造や軽量鉄骨造よりも音の伝達が難しい素材です。
断熱材が壁や床に入っていれば、防音効果が向上します。
次に、窓の種類もポイントです。
通常の窓よりも、二重窓は外部の音をより遮断します。
窓の隙間やサッシも確認し、しっかり密閉されているかチェックしましょう。
最後に、中空二重構造の物件は防音性が高いです。
中空二重構造とは、壁を2重にしてその間に空間がある造りのことを指します。
壁と壁の間に空気の層ができることで、音が伝わるのを防ぎます。

▼この記事も読まれています
賃貸物件で子育てファミリーにおすすめの条件を解説!

一戸建て賃貸物件で防音対策する方法とは?

外からの騒音を遮断する「遮音」、室内の騒音を吸収する「吸音」、室内の騒音を外に漏らさない「防音」の3つの方法があります。
窓やドアに防音シートや遮音カーテンを取り付けることで遮音対策ができ、壁や天井に吸音材を貼る、カーペットやラグを敷くといった方法があります。
カーペットやラグの代わりに、床に防音マットを敷く、楽器演奏時には防音室を設置することは効果が高いです。
防音室には、組み立て式の簡易的なものもあるので、楽器を演奏する方には特におすすめです。

▼この記事も読まれています
賃貸物件の原状回復とは?フローリングの原状回復費用の相場を解説!

一戸建て賃貸物件に防音対策は必要なのか?

まとめ

一般的には、一戸建ての場合は集合住宅よりも騒音の問題は少ないと考えられます。
しかし、それでも近隣とのトラブルを避けるためには、物件選びや防音対策が必要です。
窓を二重窓にする、カーテンを遮音カーテンにするなどが有効です。
住道の不動産ならピタットハウス住道店がサポートいたします。
弊社は、 お客様に喜んでいただけるお店作りに力を入れています。
まずは、お気軽にお問合せください。


≪ 前へ|オフィスに昇降デスクを取り入れるメリットとは?選び方も解説   記事一覧   賃貸物件によくある、24時間安心サポートってどんなもの?|次へ ≫

トップへ戻る

来店予約